ネットワークビジネス9つの嘘 MLMのバイブルを読んで その4

ABCで口コミをしないネットワークビジネス成功の秘訣

前回の記事同様、ネットワークビジネス9つの嘘 その4を読み解いて行きましょう。

その4、ABCで簡単リクルート

ABCで簡単リクルートとはどういう意味なのでしょう。

ご説明して行きます。

A=アップのディストリビューター

B=始めてから日が浅い初心者

C=見込み客、紹介される側

となります。

ABCはネットワークビジネスの勧誘方法で効果のあるやり方だと思います。

まだ始めて日が浅く、勧誘も上手く出来ないBさんに代わって、経験豊富なAさんの口コミでCさんを勧誘します。

経験に基づくAさんの説明はBさんがするよりもとても説得力があるのです。

ネットワークビジネスについて、なにもわからないCさんにとって成功しているAさんの話は、とても魅力的で自分も同じように成功出来るかもと錯覚してしまうかも知れません。

実は私もABCを受けた事があります。

どこのネットワークビジネスかは、別の記事で書こうと思います。

さて、このABCですが、受けた感じを述べると凄いの一言です。

まず、ABCを受けて感じたのは話を聞いていると、とても心地いいんですね。色々な成功体験を聞いて、同じ様に自分も成功出来るかもしれないと思ってしまいます。他のダウンさんが3ヶ月で月収100万円獲得したりと成功体験をどんどん教えるんですね。

この破壊力はなかなかでした。

しかし、冷静になると自分が成功出来る根拠はどこにもありません。

いくら成功例を聞いても自分に置き換えることは出来ないのです。

そして、ABCにも欠点があります。

それは、いくら優秀なディストリビューターでもネットワークビジネスに興味のないCさんは誘えないのです。

当然ですね。

むしろ、いきなりAさんの元に連れてこられていい迷惑でしょう。

ちなみに、特定商取引法ではCさんを連れてくる場合に、予めネットワークビジネスの話だと伝えなければいけません。

これを怠ると法律に抵触するので注意しましょう。

だからこそ、ネットワークビジネスは興味のある人に展開しなければ意味がありません。

そして、成功には正しい知識とノウハウが必要です。

興味のある方に、完全在宅で口コミを一切必要としない成功法をご紹介します。

ネットワークビジネスは正しい方法で展開して行きましょう。

私が選んだのは、1人だけが大きな収入を得るのではなく、チームで活動し、稼ぎやすいネットワークビジネスです。

あなたに将来の経済的不安があり働かない不労所得を望むならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする